6月5日「ありがとう、ガンツ」(最終回)清水俊樹
エプロンの証の公演も終わり、演助の仕事からも解放されて久々のオフ。
新宿をうろついていたら、あるゲームセンターでガンツを見掛けた。
劇場入り前日のあの日、ガンツと別れてから結局ガンツは公演中に一度も劇場へ姿を見せる事はなかった。
本番初日にガンツ本人ではないかと言う程のソックリさんが劇場に現れたのだが、それはガンツではなくエッヘの今奈良さんだったらしい。
イニさんいわく、その人の事ばかり考えているとどの人も似て見えてきちゃうものだそうだ。
ずっとどこへ行ったのか気に掛かっていたが、こんな所にいたとは…。

話し掛けようか迷っていると向こうから声を掛けてきた。虐待の一件はもう水に流してくれている様だった。
ガンツはガンツで公演中の様子が気に掛かっていたらしく、ガンツが消えてからの事を話した。

ガンツが消えてから2日後(本番初日の前日)、消えたガンツの事情を説明しにガンツの友人である五月女さんが劇場へ現れた。
五月女さんの説明はこんな内容だった。
田辺さんに隠してみんなでガンツを稽古場で可愛がっていたが、実は田辺さんもみんなに隠して稽古場で五月女さんを密かに可愛がっていたのだと言う。(その事実は役者の誰一人として気付かなかった)ガンツの件が田辺さんに発覚した際、田辺さんが尋常でない怒り方をしたのは、自分が可愛がっていた五月女さんではなく、ガンツをみんなが可愛がっていたのが、その怒りの理由だったらしい。

そして五月女さんは、ガンツが戻って来れる為の提案をひとつしてきた。
ガンツに代わって五月女さんをガンツ同様に可愛がれば、田辺さんはこれまでの事を許してくれ、ガンツを飼う事も許してくれる筈だと。
みんなでの話し合いの結果、田辺さんの事は何でも分かると言い張る五月女さんの言葉を信じ、仕方なくガンツに代わって五月女さんを可愛がる事にした。
公演期間中、みんなはガンツの事を考え、ガンツが帰ってくる事を願い、ガンツの無事を祈って五月女さんを可愛がった。
五月女さんの強い要望でこっそり出演もさせた。五月女さんの早替えも手伝った。毎夜打ち上げで話し相手にもなった。女子の中では風俗まがいの事をさせられた人がいたとも聞く。
公演最終日までガンツが劇場へ現れる事はなかったが、田辺さんへ精一杯のアピールのつもりでみんなで一生懸命に五月女さんの世話をした。
あとは田辺さんがそれをどう評価するかだけだ。

そして、全てのステージが終わっての打ち上げの席で田辺さんは五月女さんを指して
こう言った。
「あの人、誰?」
一斉に全員が泣き出した。
そして五月女さんは姿を消した。
そんな話をひとしきり話し終えると、ガンツは一言「そうだったんだ」と呟くだけだった。
別れ際、ガンツへまだ野宿しているのかと尋ねると、今は猫のホテルにいると答え、
そのままガンツは雑踏の中へと消えていった。
これを聞いてのみんなの思いは様々だろうが、取りあえずホテル暮しと聞けば安心はしてくれるだろう。猫の部分は伏せておこうと思う。
いつかまた偶然逢う時、それはガンツは就職して僕はロリータ男爵の劇団員になった時だと心の中で誓いをたてた。

 

5月23日(火)「明日は本番!」大佐藤崇
さて大佐藤です。
とうとう明日は本番です。今日も通して照明、音響のきっかけも合わせたけど、みんなはどうだったかな?俺はチョロチョロ間違えたよ。
だが!一度失敗したミスはもうしない!だから本番は大丈夫さ。たぶん。
劇場での稽古は、稽古場と違って照明や音響だけでなくセットや衣装、小道具等も全て揃った状態となる為、だいぶ稽古場での演技と勝手が違って微調整が必要となってくる。
劇場に入ってから気付く様な段取りも多々あり、ネタばれしちゃうからふせるけど48ページの○○のところの○○はズンッてなるからそれをとってパッとしたほうがいい事が分かった。
ズンとなってパッOKかな?諸君
ストーリーラインもさらったし俺の知らないところは何もない!みんな、分からなくなったり、こんがらがったら俺に聞いてもいいよ。即答一番 どんな悩みも解消します。
やる気マンマンな私ですがスタッフのみなさん、無茶してもどうぞよろしくお願いします。
あと、これまた劇場に入って知ったのだが、五月女さんって人が出演する事になってたらしい。
昨日徹夜で作ったと言う自作の衣装を持参しての気合いの入れようだ。
大佐藤も負けてられない。
それでは本番頑張りましょう
みなさん劇場でお会いしましょう。ズンとなってパッ!

 

5月22日(月)「ガンツとの別れそして」斉藤マリ
どうも。そんなわけで
とうとうガンツの事がばれてしまったわけなのよ。
「捨てて来ないと台本全部書き換える」
と、鬼の田辺が言うわけ。1日で全部書き換えるなんて見てみたい気もしたけど、
ちょっと困るのでみんなでガンツが元いた場所、駒沢公園に放しに行ったわけなの。
ダンボールに入れられて、道端に置き去りに去れたガンツの顔はいつも通りニヤケていたけれど、みんなの姿が夜の闇に見えなくなるまでその場を立ち去らなかったわけなわけ。

今日は劇場入り。分け入っても分け入っても劇場。
ガンツの事はガンツの事。とは言ったものの、
口にはしないけど、みんなガンツの事が気になっているみたい。
御弁当も、ガンツの分一個多く注文してしまったようで、
大佐藤君が
「ラッキーチャチャチャ、ウー、チャチャチャ」
と、ずいぶんと懐かしいフレーズを言って、
ガンツの弁当を食べていたわけだが、しかしこれは大佐藤君の持ち味なわけで、
みんな何も言えないわけなのです。
「たらふく食べるがいい」

イニと丹野さんが今朝、駒沢公園までガンツを捜しに行ったらしいが、
見つからなかったらしい。どこへ行ったわけ?公園から出ちゃったわけ?
すると摩耶チャンが、ガンツの友だちの五月女って人なら連絡がとれると言う事で、
早速連絡してもらう事にした。

どうやら明日、そのガンツの友だちが直接劇場まで来て全てを説明するという。
何?説明って何?電話じゃ駄目なわけ?説明してもらおうじゃないか。
そんなわけで明日が楽しみ。

 

5月21日(日)「マリヲの晴れ後雨」役者松尾マリヲ

マリヲは気分爽快だよー\(^O^)/何がどうしたのか解らないが加瀬沢は劇的回復を見せて完治。いやむしろ事故前よりも動きが機敏になってる!人間ってすごい!加えて俺への誤解も解け、晴れて尊敬するガンツさんと仲良くする事ができた。
どう作用したのか解らないが加瀬沢の回復が俺にハッピーをもたらした。加瀬沢様サンクス(^_-) 
しかしその絶好調が仇となった。 みんなは今まででガンツさんの対処に馴れているけど俺といったら出遅れた関係を穴埋めするのに一所懸命で、本番前最後の通し稽古の自分のシーンで思わず隠れて見ていたガンツさんとアイコンタクトでコミュニケーションをはかってしまった。
稽古中にガンツさんと目を合わしちゃいけないのはみんなの中では暗黙の了解だった様だ。その習性を知らずにいた為に…。
何をどう勘違いしたのか、ガンツさんはマシラのごとく飛び出してきて芝居に乱入…
スタッフさんも何がどうなったのか茫然自失。ロリータ男爵はアドリブ御法度だ。
当然、芝居の一部と勘違いしたスタッフさんは台本を一斉に確認。
こうなっては、やり手の立本さんもフォローのしようがない。
とうとう田辺氏にバレてしまった。
最後の通し稽古だったにも関わらず、田辺氏は下を向いたかと思うと鬼の形相でこちらにダイブ、大声で訳の解らない事を連呼して通しは目茶苦茶、最後には「捨ててこい!」と一蹴するなり帰ってしまった。スタッフさんは更に台本を確認し出すが、そんなシーンはある訳もない。
結局、最後の通し稽古は中断したまま稽古は終了。
何故ゆえこうなる?神様はまだ俺に試練を与え賜うのか…。

 

5月20日(土)「さよならコルセット」加瀬澤拓未

昨日、マヤちゃんに何か緑色の塊を渡された。「かせさん!これ食べると絶対怪我も治るよ!」って会心の笑顔。こういう時のマヤちゃんは信用ならない。落ちたお菓子をくれる時の笑顔だ。
以前、花園神社で稽古をした時に差し入れで貰ったと言って、お供えのお稲荷さんを食べさせられてお腹を壊した事がある。

なんだこれ?草食動物の糞か?でもマヤちゃんが糞を触るなんてありえないし。
絶対に嘘だって分かってたけど、むりやり口に押し込んでくる麻耶ちゃん。
僕が自由に動けないのを知ってて、わざとだ。最近はこんなイタズラばかり。

…って飲んで寝た次の日つまり今日!「あー随分よく寝ちゃったなぁ〜」という自分の言葉に息を飲んだ。「5文字以上がすらすらと?」あっ!「すらすらとがしゅらしゅらとにならない!?」あっ!!
首が動く!背骨が変な方向に曲がらない!
治ったー!!!
しかも、何ヶ月も腰を固定していたお陰で背骨が伸びたのか、怪我以前に比べて10cmも身長が伸びている。
怪我の功名とはまさにこの事!
Jリーガーの役の設定にピッタリだ!

いける!いけるよ本番!Jリーガーの役作りは散々イメージトレーニングして完成してる!
よーし!本番で必殺オーバーヘッドシュート決めてやるぜ!
うおおおおおお!

 

5月19日(金)「駅前まであと3日」斉藤麻耶

るんるんるるんばっ^∇^
本日わっ劇場入りまでらすと3回の稽古ですて衣装や小道具が少しずつそろいはじめ舞台ぽくんあってきました!そして麻耶ちゃん絶好調!!じ・つ・わ・1週間くらい前に斉藤のマリさんに薬草?をもらったんです。おいしいお茶ね。最初ばっちいそうだったから飲まないでいたんだけど、この前まちがいて麻耶飲んぢゃって。でもそしたらそれを飲んでから精神が安定しはじめて、なんか泣いたりしなくなったんです、なにより今わガンちゃんがかわいくて仕方ないんです☆☆ ムジャキニ笑う笑顔の感じとか溜まらない*。*やっぱ悪菌なんてこの世には存在しないんだなって。大切な事をガンちゃんに教えてもらいました。
本番もすこし!がんばろっ
あ、加瀬さんの体がよくなるようにこの薬草あげたげよ^ ^ やさしいねっ

 

5月18日(木)「ひとりはみんなのために」吉原朱美
いよいよ本番まで一週間をきってしまい箸を持つ手も震える今日このごろ。
稽古場に着き、田辺さんの到着までそれぞれアップにはげんでいたら雲平さんがみんなに見せたいものがあるとデジカメを取り出した。
と、そこにはバイトをするガンツさんのスクープ写真!どこかの駅の前でティッシュを配っているガンツさん。工事現場で警備員をしているガンツさん。
ななんとこいつ、バイトをしてたのです。
だって、お金がないからってみんなでご飯やお菓子をあげたり、ホッカイロやテレホンカードをあげたりしてたんでしょ。これじゃ詐欺じゃない。
みんなでどういうことか問い詰めると、話は思いもよらぬ展開に。
大佐藤さんが提案した仕掛けのネタが、金銭的な問題でボツになったのをガンツさんは知ったらしく、そのお金を工面する為にバイトをはじめたんだとか。
そしてガンツさんは、そのバイト代全額(確か17万円くらい)を仕掛けの為に使って欲しいと差し出したのでしっ。
い・い・ひ・と・ー。
ベタポでも金銭的問題から実現しなかった企画ってのはこれまでにも経験してきたけど、劇団員でもない、出演もしない、まして公演と無関係の人が、その為にバイトしてお金を出してくれるなんてベタポではあり得ない!
あの日、ぱんつを見られた以降、はっきり言ってガンツさんを敬遠していた私。
ゴ・メ・ンね。
こんなにこの公演のことを思ってくれてたなんて。誤解、していたかも。

 

5月17日(水)「Gの裏切り」足立雲平
お口の恋人・雲平です!
ていうかガムって味が無くなってきてもいつ口から出していいのか分かんないので、もっぱら飴ちゃん派ですけど。

さて清水君もさすがに反省したようで、もうガンツへの虐待もしてないみたい。
でもねぇ〜清水君がそんな事するなんてねぇ〜!?ビックリですよ。人間性の闇の部分て計り知れないですね!
それでも今日もガンツは稽古場に居て、相変わらず何だか元気なく寝ている。
最近ずっとグッタリしてたのは虐待のせいかと思ってたけど…今日もまだダウンしてるって事は、違ったの??
心配になったので老婆心ながら稽古後にガンツの後をつけてみた(興味本位)。
すると、まず少し驚いたのは真っ直ぐ駅に向かい改札に入って行った事!
…普段からお金無いって言ってなかったっけ??
まぁでも切符買うお金くらいは自動販売機のおつりとか漁れば手には入るしね、と思いつつ一定の間隔をあけてさらに尾行。
そうしたら何と!!!某駅で降りたガンツは何をしてたと思います、奥さん!?
バイトですよバイト!!駅前でティッシュ配り!それを終えたら次は警備員!赤いピカピカと光る棒なんか持っちゃって!
ちょっと待ってよ、バイトしてるって事はやっぱりお金持ってんだよねぇ!?しかも掛け持ちって!金が無い、家が無いって言うからみんな世話してやってたのに!!こっそりバイトして稼いでたワケ!?
騙された。フツフツと怒りが込み上げる。これは明日みんなに報告しなければ!
あまりにムカムカしたので豊丸の『人間発電所』を鑑賞し、寝る。

 

←もっと古い日記