お待たせしました!タナベさんが水を漏らした

お待たせしました!タナベさんが水を漏らした


公演写真はこちら


田辺氏語る

下北沢のあるお店の内装をデザインから施工まで任されて、そのお店でのイベントのプロデュースなんかもしてて、そこではどう言う訳かイベント開催から雑務的な仕事までいろいろしてた。で、使わなくなった水道を取り外してくれとお店の人から頼まれて、勿論そんなんやった事ないんだけど、そこはまたお人好しで引き受けて工事に挑戦してみたら水道管に亀裂が出来たらしく、そこから漏水。で、翌日1F2Fのテナントが水浸しになり結果見事に大惨事。それが8月の半ば。
で、この時ちょうど11月にある公演の準備をしててチラシも刷り上がってたんだけど、もともといつもの本公演とは違う形の企画的な公演をって話してた所でのコレだったから、内容を変更して「水を漏らした」で行こうってみんなで盛り上がっちゃって。
コレね、本当に急遽予定を変更しての企画だったんだけど、それも含めて演出や狙いと思っている人が結構いて。 ホントに急遽の変更なんですから、信じてよ。
この公演も「火を出した」の時と同様、以前に書いたロリータ男爵での未発表作品と新作のショートモノ中心のコントオムニバス。で、せっかくなのでいつもと趣向を変えてみんなでエチュードからのコント作りに初挑戦したんだけど、みんな構えちゃってのかこれで作ったコントはことごとくつまらなかった。本当につまらなかった。慣れない事はするものじゃない。
ネタのひとつで「肉は叩くと柔らかくなる」ってだけの『肉太鼓』ってので丸一頭分の豚の生肉を使ったんだけど、小屋入りから10日間ほど保管していたらやっぱりだんだん腐ってきた。最終日へ向かうにつれて臭いはキツイくなるし、夜中ネズミが出たって怒られるしで大変だった。この臭いに関してはお客さんやスタッフにも不評だったけど、そう言う不快さの共有も含めて演劇なんだと思うけどね。 これが「生」の醍醐味なんですよ。

公演データ

2003.11./5〜11   

しもきた空間リバティ

作 ロリータ男爵+田辺茂範

構成・演出 田辺茂範

出演 斉籐マリ 役者松尾マリヲ 大佐藤崇 加瀬澤拓未 丹野晶子 太田愛子 草野イニ 斉藤麻耶 田辺茂範
   清水俊樹 濱井海 森知行

舞台監督   稲垣博子
照明     中山仁 ([株]ライトスタッフ)
音響     中村嘉宏(atSound)
音楽     佐藤こうじ(現在位置)
映像     河内大祐


舞台美術   稲垣博子 青木すみ子 森知行

 濱井海
小道具    清水克晋(SEEMS) 山本愛
衣装     小川広野 川島今日子 斉藤美穂 木島加奈子 大沢ラーク
メイク    斉藤麻耶
宣伝美術   森田涼子


演出助手   加瀬澤拓未 清水俊樹
太鼓指導   新井奈津子 赤地史絵
肉指導    オメス吉祥寺(ゴキブリコンビナート)
制作     今井香月 
制作補助   豊島英理子 藤田千沙 
当日運営協力 谷川隆次(日和庵)  三村里奈(MRco.)