昔ケンタウルス


田辺氏語る

 この公演は脚本的には気に入っているんだけど、作品としてはイマイチ。『犬ストーン』的な所を目指していたんだけれど、完成度も犬ストーンレベル(=あまりよくない)になってしまった。作品をまとめきれなかったというよりは、メンバーが増えたせいか僕自身がキャストやスタッフをまとめきれなかった。そのへんの悔いがのこってしまった公演。

 ストーリーは『REX』や『E・T』みたいな感じでケンタウルスと少女の心の交流を描いている。自分はケンタウルスだと言い張る老人が過去(神話時代)を回想し、動物タレントになり、動物タレント議員になり、総理大臣にまで登りつめるというストーリーだけど、これだけ聞いても多分何のことだかわからないと思う。最後にみんな死んでいくんだけど独り生き残ったのが端役のTVディレクター。突然の脚光を浴びて自分の人生をふりかえる。(2ページ半の長ゼリフ)

 この時の舞台美術が3m近くの巨大な2体の人柱(女神像)。これの大きさと完成度は凄かった。

公演データ

1997.8/8.9.10    計5回公演

下北沢東演パラータ 

作・演出 田辺茂範

cast 大佐藤崇 松尾マリヲ 斎藤マリ 松永雄太 高沢優也 中西恵子 

    マスカキ☆ノリカキ 田中大作戦 本山みどり 河村篤則 水谷みくり 

     阪上真衣 大佐藤剛 タタララタタ 田辺茂範 他

stuff 舞台監督 田中忠一 

    舞台美術 島嵜慶子 二瓶篤子 山崎由歩 安孫子優香 田中愉里枝

         奥城香登里 平岡佐和子 

    照明   中川恵利

    音響   森田涼子

    音楽   中林ヒサカズ

    メイク  鹿ノ戸美春

    衣装   土井順子 吉川美登里

    宣伝美術 大澤悟郎

    当日補助 須藤彩子 高梨美里

    演出助手 中沢晋一郎 松崎憲晃

    制作   加藤麻理 梶縄未希 小池さおり 遠藤なおみ 豊島英理子