アイドリング・ナウ

ロリータ男爵グループ展

アイドリング・ナウ


田辺氏語る

ロリータ男爵の参加メンバーはそれぞれ個展やグループ展とかやっている人はいて、
で、ロリータ男爵でもグループ展って話も前からあって、その話が実現した形。僕は
今回スケジュール的に出展出来なくて名ばかりのプロデューサーだったんだけど、全
く何もしなかった。見に行っただけ。
一応、アイドルをテーマにって事でひとつの会場を3回に分けてやったんだけど、テー
マ無視の課題違反が多かったし、作品の質に差があり過ぎたかな。どんなに力作でも
「作りたいものをただ作っただけ」って作品は「ああそう」位の感想しかないから、
客観的には個々の作品どうこうよりまとめてのグループ展としてそんなに興味深い展
示ではなかった。
学生がよくやる個展やるにはお金ないからグループ展って域を越えれてなかった様な。
グループ展はグループ展でなくては成立しないって位のものをやって欲しかったから。
でも、自分勝手さや個人主義さはロリータ男爵らしさなのかも。

展示データ

2001.10/24〜11/4   

下北沢駅ギャラリーGeki

■ひろみ(10/24〜27)
石原愛子(音響)・丹野晶子(役者)・濱井海(舞台美術)・舛崎歩(舞台美術)
三井穂高(役者)・本山みどり(役者)・役者松尾マリヲ(役者)

■ごろう(10/28〜31)
赤間祐一(映像)・足立雲平(役者)・稲垣博子(舞台美術)
今井香月(制作)・中西恵子(役者)・森田涼子(宣伝美術)

■ひでき(11/1〜4)
青木すみ子(舞台美術)・大沢ラーク(役者)・川島今日子(衣装)
斉藤マリ(役者)・森知行(舞台美術)・米津真(映像)